Monday, May 21, 2012

モーニング娘。・新垣里沙と光井愛佳が卒業。涙混じりの「楽しかった人ーッ!!」に1万人が大歓喜











モーニング娘。の全国ツアーファイナル公演<モーニング娘。コンサートツアー2012春 ~ ウルトラスマート ~ 新垣里沙 光井愛佳 卒業スペシャル>が、5月18日に日本武道館にて開催された。タイトル通り、この公演を持って、モーニング娘。7代目リーダーを務めた新垣里沙と、メンバーの光井愛佳がモーニング娘。から卒業した。


10期メンバーの工藤から順に、新垣へ贈る言葉。涙を堪えて感謝の気持ちを伝えようと頑張る10期。そんな姿を見つめる新垣は、まるで我が子を見る母親のような優しい表情を浮かべる。いや、それはこの日に限ったことではない。モーニング娘。のライヴやイベント、動画コメントなどで9期や10期が“フレッシュな(もしくは、たどたどしい、とも言えるかもしれないが)”言動をしている時、彼女はいつも、母親の目をして9期10期を見守っていた。やればできると常に信じ、できた時には成長を微笑ましく思う。そんな目をしていた。

セレモニーの中で、とりわけ大きな爆笑を誘ったのは生田衣梨奈だ。ファンの間では知られているとおり、生田は“ガキさん大好き”。ファンクラブ会員を対象としたバスツアーイベント<Morning Days Happy Holiday特別編 新垣里沙ファンクラブツアーin静岡>にも、会員に混ざって参加するほどの筋金入り。言うなれば“ガキさんヲタ”だ。そんな彼女から、新垣への言葉。「Never Forget」の段階で、すでに生田は号泣していたことなどから、どんな感動的な場面へと変わるのか、誰もが期待していた。

「えっと、これまでにいっぱいお手紙とか出したんですけど、出したんですけどって、書いたんですけど……新垣さん推しって言い出したのは、『リボーン~命のオーディション~』の新垣さんのジャンヌ・ダルクを見てからで、最初は生写真からはじまったところが、今ではバスツアーに行くくらいになったり、「(女子)かしまし(物語)」の歌詞にあるように<大好き過ぎてもいいですか>って歌詞は衣梨奈にしか歌えない歌詞だと思っています。」

感情の昂りと嗚咽と涙が混ざって、冒頭からすでに彼女が何を言っているのかよく聞き取れない。ただ、「ガキさんが大好き!」という気持ちだけが、これでもかと伝わってくる。そして、ここからさらに生田の新垣への想いは膨張し、膨張から暴走へ。

「そして、これからもずっと永遠に新垣さんを激単推しで行きます! そして『新垣さんを応援する会』をさらに広げていき、会長として頑張りたいと思います。そして、新垣さんがいなくなってしまったら、(メンバーカラー)黄緑がいなくなってしまうので、もし黄緑が決まりそうになった時は、衣梨奈が黄緑を受け継いで、新垣さんの今、モーニング娘。にある気持ちを受け継いでって、モーニング娘。が大好きって気持ちをずーっと残していきたいと思います。新垣さんが大好きで大好きで大好き!大好き!qwせdrftgyふじこlp;@」

最後は「大好き!」と叫びながら新垣のもとに飛び込んでいく生田。あまりのことに驚いた新垣は、人が生命の危機を感じた時の本能として、踵を返して生田から逃げようとする。ほんの10分くらい前に新垣自ら読んだ手紙の「生田は自分をコントロールできない時があるから心配だなぁ。」と、いう不安が、こんなにも早く的中した、というべきか。かくして「新垣里沙 危機一髪。卒業セレモニーに“熱狂的女性ファン”乱入!」という見出しが翌日のスポーツ紙の一面を踊りそうな出来事に、誰もが唖然とし、そしてこの“前代未聞の珍事”に爆笑した。



BARKS

No comments:

Post a Comment